梅雨入りしましたね②2021/05/27


 

こんにちわスポーツ指導員の宇野です

ここ数日雨の日が続いていますね

 

2つ前の記事に「梅雨時期の体調不良について」の説明がありましたが

今回は梅雨時期の体調不良が気になる時に

自律神経を整えてくれる食材をご紹介したいと思います

(自律神経については2つ前の記事に詳しく書いてあるので

気になる方はぜひ見てみてください

 

 

食材は単品で摂取するよりも複数組み合わせることで

互いの持つ栄養素の効果をより高められる場合があります

とはいっても複数の食材を組み合わせるのは手間がかかるなど

現実的には難しい場合もあるかもしれません、、、。

そこで1つの食材でも自律神経を整えるのに十分効果的なおススメの食材を

2つご紹介したいと思います

 

 

①トマト🍅~脳の様々な機能を調整する成分を含む~

トマトといえば「リコピン」を多く含むことで知られていますが

実は自律神経を整えるためにも欠かせない働きをする成分を含んでいます。

その成分は「GABA(ギャバ)」と呼ばれるものです。

「GABA」はアミノ酸の一種で脳の様々な機能を調整する神経伝達物質として働きます。

脳の血管や神経をリラックスさせて血流を促したり脳細胞への酸素供給量を増やしたりする働きをします。

「GABA」は不足すると心身を緊張状態に導く交感神経が優位になり

自律神経のバランスが乱れてしまい自律神経失調症になるリスクも高まります。

そこでオススメしたいのがトマトです🍅

中玉トマト1個の中には1日に必要な分のGABAが含まれており

中玉トマト1個で1日分のGABAを補えるということになります

簡単に食生活の中に取り入れることができますね

 

 

②バナナ🍌~幸せホルモン生成に必要な3つの栄養素をすべて含む~

バナナをはじめ豆腐や味噌などの乳製品、雑穀、肉、魚などの食品には

トリプトファン」という物質が含まれています。

このトリプトファンは幸せホルモンとよばれる「セロトニン」を脳内で作り出すために

欠かせない材料です。

「セロトニン」は気持ちをリラックスさせる効果があり自律神経のバランスを整えるうえで非常に大切な役割を果たします。

この「セロトニン」の生成に不可欠である「トリプトファン」は体内で生成することができないため食事から摂取しなければなりません。

また「セロトニン」の生成には「トリプトファン」の他に

ビタミンB6」と「炭水化物」も必要な材料とされます。

これら3つの栄養素を全て含み効率よくセロトニンを生成できるのがバナナなのです。

もちろんバナナのみでも良いですがカルシウムの豊富な牛乳やヨーグルトと一緒にとると

さらに効果てきです

 

トマトもバナナも簡単に用意することができるのでぜひ取り入れてみてください

 

以上長くなりましたが読んでいただきありがとうございます

次回の投稿もお楽しみに