季節の変わり目で起こる体調不良・・・2021/10/20


こんにちは!スポーツ指導員の重です

最近は肌寒くなり温かいお茶が体に染みてきました…

そして緊急事態宣言が解除され早良体育館も開館してから約3週間が経ちました!!

静かだった体育館に活気が戻ってきてとても嬉しいです

________________________________________

さて、急に気温が低くなり体調が優れないという方はいらっしゃいませんか?

そこで今回は季節の変わり目で起こる『秋バテ』について少しお話します!

夏の暑い時期に対して起きる「夏バテ」

涼しくなってきた秋に身体の疲れやダルさ、食欲不振などの不調を秋バテといいます。

秋バテの大きな原因は自律神経(身体の動きを調整する神経)の乱れといわれています。

自律神経とは私たちの身体の呼吸や体温調節、消化や血液循環をコントロールしてくれています!

しかし夏から秋などの季節の変わり目は日中と夜の気温差が大きくなり、その温度差に対応しきれず疲れや

めまい、頭痛などの不調を引き起こしてしまいます。

________________________________________

秋バテから回復するには…??

お風呂やアロマオイルで自律神経を整える

リラックスしているときに活発になる副交感神経(身体の活動性を下げる)が優位になる37~40℃の

ぬるま湯の湯船に入ることで自律神経のバランスが整いやすくなります。

またアロマオイルの香りでよりリラックス効果を高めるのもオススメです◎

普段シャワーなどで済ませてしまう方もぜひ一度湯船に入ってゆっくり身体を温めてみてください!

運動で自律神経を整える

日中に身体を動かすと交感神経(身体の活動性を活発にする)が優位になり自律神経が整います。

朝や夕方などにウォーキングや軽めの運動を行ってみましょう!

適度な運動は血行を良くし疲労感の軽減に繋がります。

旬の食材で疲労回復

山芋・・・胃腸を整え身体を元気にする働き

さつまいも・・・胃腸を整え身体を元気にする働き

かぶ・・・身体に潤いを与える働きや咳を止める。消化を助ける働き

にんじん・・・胃腸を整え身体を元気にする働きだけでなく、消化を助ける働きや身体に潤いを与える働き

しいたけ・・・腸内を綺麗にして有害物質を排出する働き

 

最後に…夏の冷房や食べ物・飲み物で身体の内側から冷えてしまっているので飲み物を常温もしくは温かいものにしたり気温にあった洋服を準備するなど身体を冷やさないようにしていきましょう!

________________________________________

長くなってしまいましたが最後まで読んでくださりありがとうございます!!!!

これからどんどん寒くなりますが体調に気を付けてお過ごしください